介護予防日常生活支援総合事業の概要を知ろう|エクスパンド地域の輪

介護

支援の充実など

介護

厚生労働省が進めている介護予防日常生活支援総合事業。市町村が中心となって多様なサービスを提供することが主軸ですが、住民や要支援者などさまざまな人たちが主体となることが重要で、地域全体で日常生活の支援体制を整えることを目的としています。
介護予防日常生活支援総合事業を進めていく上でまず必要となるのが、生活支援の多様性です。公的機関が中心となるのではなく、住民それぞれが中心となることでさまざまな生活支援の体制を作り出し、多くの要支援者の支援を行っていきます。そのためにはNPOやボランティア団体の協力が必要不可欠で、また、こういったサービスを利用しようと思える環境つくりも大切な要素のひとつとなっています。

生活支援を行う上でひとつの軸となるのが、高齢者の社会参加です。定年退職を経て家に引きこもってしまうと、活動的なことをしなくなり、認知症などが進んで介護レベルが上がってしまいます。社会における役割を見出し、地域的な活動に貢献することができれば、介護の必要性を下げていくことができます。
もちろん、高齢者が社会参加することにより地域の活動がより活性化するため、介護予防日常生活支援総合事業をよりスムーズに進めていけるようになります。

社会参加を促すことによっても介護予防につながりますが、より高いレベルで介護予防を進めていくには、リハビリの専門家等を頼った自立支援体制の構築が必要です。介護予防日常生活支援総合事業ではバランスのとれた環境つくりが重要としており、高齢者が生活できる環境、活躍できる環境をいかに上手く整えるかが大切になってきます。