介護予防日常生活支援総合事業の概要を知ろう|エクスパンド地域の輪

介護

社会参加を促す

介護

施設ごとではなく地域単位で動き、より高水準での生活支援や地域活性の取り組みが行えるようになる介護予防日常生活支援総合事業。市町村が中心となり、地域の各支援者が一体となってさまざまな取り組みを進めていくことで、要支援者を確実な支援につなげ、高齢者を自立させて支援や介護の必要な人を減らしていくことができます。
介護予防日常生活支援総合事業を効果的に進めていくためには、各種介護予防・生活支援のサービスを充実させていくとともに、高齢者の社会参加を積極的に促していくことが大切です。

介護予防日常生活支援総合事業における地域で行う生活支援等の取り組みには、たとえば以下のようなものがあります。
ひとつは、地域サロンの開催です。さまざまなトピックスを持ったサロンを開催することにより、興味のある高齢者が積極的に外へ出るきっかけを持つようになります。
また、見守りや安否確認のサービスも重要です。近年は、お弁当のお届け支援や買い物、調理代行の家事支援と合わせて安否確認を行えるようなサービスも多く登場していきています。
さらに、要支援者だけではなく介護者の支援を行うことも大切です。

介護予防日常生活支援総合事業に必要な高齢者の社会参加には、以下のようなものがあります。
まず挙げられるのは、再就労や起業などの仕事です。仕事を辞めたことにより生きがいをなくし、そのまま家に引きこもって認知症やうつ病になってしまう高齢者が多いなか、新しい挑戦をしていくことは大きな生きがいとなっていきます。
また、ボランティア活動への参加も地域の活性化へと結びつきます。もちろん、介護福祉以外の分野となりますが、たとえば児童と触れ合うようなボランティアや事業と高齢者は相性がとてもよいと言われており、高齢者は能力を活かした活動ができ、児童は高齢者の豊富な体験からさまざまなことを学ぶことができます。