介護予防日常生活支援総合事業の概要を知ろう|エクスパンド地域の輪

介護

ケアマネジメント

介護

厚生労働省が進める介護予防日常生活支援総合事業においては、地域で介護や支援事業に務めている人たち同士で理念や方向性を共有していく必要があります。なぜなら、こういった意識を当事者同士で共有しておくことでなんのために自立支援をするのか、なぜ介護予防が必要なのかを全員で把握することができ、これらの考え方やメソッドなどを地域に浸透させていくことができるからです。

介護予防日常生活支援総合事業では高齢者の社会参加をひとつの軸としていますが、それを実現していくためには認知症対策が必要不可欠です。一度認知症になってしまったら回復はとても難しいので、その高齢者は要支援者となってしまいます。介護レベルが高くなる前にしっかりと認知症対策を行うことで、高齢者の介護レベルを下げ、認知症になることなく社会参加ができるようになります。
また、認知症対策のためにサポーターを育成することも介護予防日常生活支援総合事業の大切な取り組みのひとつです。

そうして介護予防日常生活支援総合事業が最終的に目指すのは、共生社会です。支援者や要支援者だけではなく、要支援者ではない高齢者、何かしらのハンディキャップを抱えた障害者、地域の未来を担う児童などが積極的に参加し地域的な活動を作っていくことで、さまざまな人たちがさまざまな人たちとの関わりを持つことができ、よりよい地域活性化へとつながっていきます。活動が増えれば要支援者や高齢者が家のなかでくすぶることなく地域に貢献できるようになるので、介護予防につながり、高いレベルで共生社会を作っていくことが可能となります。