介護予防日常生活支援総合事業の概要を知ろう|エクスパンド地域の輪

介護

支援の充実など

介護

介護予防日常生活支援総合事業が目指しているのは、地域の住民主体で行う包括的な生活支援体制の強化と、高齢者自身が社会参加できるような環境つくりをして地域の活性化を図っていくことです。

Read More...

ケアマネジメント

介護

介護予防日常生活支援総合事業では支援者同士が理念やメソッドを共有し、高齢者や要支援者、児童などが積極的に参加できる共生社会を作ることが大切です。そのためには、認知症対策がひとつの軸となります。

Read More...

地域包括

介護

介護の現場は、大きな変革が求められています。要支援者がいて、介護者がその要支援者を支援するというだけでは多くの要支援者をしっかり支援できなくなってきています。それは、ひとえにお年寄りを中心に要支援者の数が増えてきていることにあります。日本はかなり早いスピードで高齢化が進んでおり、要支援者をどう支援していくかというのが大きな課題になっているのです。

そんななか、厚生労働省が進めている介護予防日常生活支援総合事業が重要になってきます。
これは地域ごとに包括的に支援の輪を広げていこうというもので、「互助」の精神に則っています。国や自治体が行う支援、つまり公助だけでは、介護の現場は成り立たなくなってきています。そういった公的な支援だけではなく、ボランティアなどを中心とした互助の輪を広げていくことが支援をよりよくしていきます。

介護予防日常生活支援総合事業では、要支援者自身が能力を活かせるようなサービスを展開することも目的としています。単に生活を支援するだけではなく、定年退職をしてやることがなくなっている高齢者に能力を活かせる現場を用意することで互助の輪を広げ、地域レベルで活性化させていくことができます。
また、このような自立支援だけではなく、重度化予防を推進していくことにより認知症などで介護レベルが上がってしまう高齢者を減らすことができ、全体費用を効率的に回せるようになります。国や都道府県、市町村などがこのような取り組みを包括的に行っていくことにより、単に介護をするだけではない、要支援者も社会に参加できる社会を作ることができるのです。

社会参加を促す

介護

介護予防日常生活支援総合事業にて大切な地域の取り組みには、たとえば安否確認のサービスや介護者の支援などがあります。高齢者が社会参加するためには、ボランティア活動への参加などが効果的です。

Read More...